WiMAX2+から待望の新機種WX04が、ついに発売開始!
人気のWXシリーズがさらに新機能満載で進化しました。

WX03に比べてバッテリ容量も増え、
電波も集中して捕らえるビームフォーミング機能も追加。

WX04が今だけGMOとくとくBB WiMAX2+で高額キャッシュバック中!
詳しいことはこちらのサイトで。⇒ WX04 キャッシュバック キャンペーン

WiMAXについては、当然キャッシュバックキャンペーンが人気ですが、
近頃は月額料金が低額になるキャンペーンも大人気です。

WiMAXを進化させた形でマーケット投入されたWiMAX2+は、
そのWiMAXの3倍という速度でモバイル通信をすることができます。
更に通信モードを変えることにより、WiMAXとWiMAX2+以外に、
au 4G LTEも使うことができます。

UQWiMAXを除くプロバイダーは、大元のUQWiMAXから回線を借りるときに
必要なコスト以外要されないので、UQWiMAXと比較したとしても、
その料金は割安になっていることが大半です。

WiMAXは、コスト的にも他社のプランと比べて低額で
モバイル通信を利用することができます。
通信可能エリア内であったなら、1台のWiMAXモバイルルーターで
複数台の通信端末をネット接続できます。

モバイルWiFiルーターの購入に当たって、ワイモバイルとWiMAXという
2種類のモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみたところ、
上位機種に関しての下り最大速度以外の大半の項目で、WiMAXの方が優れていました。

モバイルルーターの売り上げアップのために、
キャッシュバックキャンペーンを催しているプロバイダーも見ることができます。
キャッシュバック分を差し引いた料金を比較して、
安い順にランキング一覧にしてみました。

「格安sim」「WiMAX」「ワイモバイル」の3種を購入候補に据えて、
それらの利点・欠点を把握した上で、利用状況に即したモバイルルーターを
ランキング形式でご紹介させていただきます。

私が一押しのプロバイダーは、キャッシュバックを4万円に達しそうな
額にしていますから、モバイルWiFi自体の月額料金が比較的割高でも、
「トータルコストで言うと決して高くない」ということがあり得るわけなのです。

WiMAXモバイルルーターと言いますのは、
携行が容易にできるようにということで開発されている機器ですので、
ポケットの中などにすっぽりと納めることができる大きさではありますが、
使うという時は前もって充電しておくことが不可欠です。

「速度制限が敢行される理由は何なのか?」と言いますと、
モバイル用に提供された通信回線に短時間に集中的なアクセスが為されると、
そのエリアでパソコンなどを利用中の人すべてが、繋がりにくくなるとか
速度がかなり落ちてしまうからです。

今の段階での4Gというのは実際の4Gの規格を満たしているわけではなく、
日本では今のところ市場提供されていないモバイル通信サービスです。
その4Gの正式な公開までのつなぎ役として登場したのがLTEなのです。

LTEと申しますのは、現在の3Gを「長期的に進化させたもの」ということで
命名された通信規格で、近い将来登場してくるはずの4Gへの変更を
スムーズに進める為のものです。
そういう理由で、「3.9G」として扱われます。

ポケットWiFiと申しますのは携帯と一緒で、端末それぞれが基地局と繋がる仕様
ですから、やっかいな配線などは不要なのです。
フレッツ光ないしはADSLを契約した時みたいなインターネット接続工事も
する必要がありません。

プロバイダーの「GMOとくとくBB」は、
魅力のあるキャッシュバックキャンペーンを実施していますが、
そのバックされるお金をしっかりと手に入れるためにも、
「キャッシュバック振込案内メール」が受信できるようにメール設定しておくことが
絶対条件です。

ドコモとかY!モバイルにおいて決められている「3日間で1GB」という制限ですが、
1GBといいますのはPCで動画を鑑賞すると約2時間で達することになり、
即座に速度制限が適用されることになります。

関連記事

    None Found