近年、家庭用太陽光発電は一般的知名度こそ浸透してきたものの、家庭への設置が普及してきたかというと、到底していないのである。
一般的に新製品は人々から懐疑的な目線で見られる事が多いのである。
しかし、どんな人気製品でも、販売当初は普及しないのが当然である。
そんな中で、いち早く新製品を取り入れる人々がいる。
彼らはイノベーターと呼ばれ、流行を作る重要な人々である。
彼らは新たな製品に懐疑的な見方をせずに、積極的に取り入れていく人々である。
そんな彼らですら、市場全体の僅か数パーセントである。
もし、彼らが家庭用太陽光発電を取り入れて、その実用性に気づけば、大きな流行が生まれる。
その結果、アーリーアダプターと呼ばれる人々が興味を示してくるのである。
彼らは市場全体を牽引する可能性を持っており、彼らはイノベーターから影響を受けて太陽光発電に関心を抱いて行くのである。
この層に浸透してくれば、家庭用太陽光発電にも慎重であった、アーリーマジョリティと呼ばれる人々に浸透して行く。
彼らは市場全体の大きな要素を持っており、アーリーアダプターの人達の成果を見て参入してくるのである。
この層に普及さえすれば、家庭用太陽光発電等の新製品に警戒感のある層である、レイトマジョリティと呼ばれる層に浸透する。
彼らは世間の目を見て、慎重に行動するタイプであり、市場に十分に浸透すれば、参入してくるのである。
どんなに太陽光発電等の新製品が普及しても興味を抱かないの層が、ラガードと呼ばれる層である。
彼らは流行や市場の動向に全く興味を示さないので、市場に何の影響力もない。
日本では、家庭用太陽光発電は普及したとは言い辛いが、このイノベーター理論により少しずつ浸透していけば、大きなうねりとなる可能性があるのである。

参考サイト: 家庭用 太陽光発電 イノベーター理論

関連記事