新築、リフォームなどで外壁塗装をする際、どんな色にすればよいのか悩んでしまう方も多いと思います。
そんなときに役に立つのが、日本塗料工業会(日塗工)が作っている色見本帳です。
色見本帳を出している団体はほかにもあるのですが、最も有名なのが日塗工の色見本帳です。
この色見本帳は色相ごとに並べて作られており非常に見やすくなっています。
さて、そんな色見本帳を参考にしながら外壁塗装の際の色を決めていくわけですが、注意すべき点がいくつかあります。
まず、街並みを考慮した色にしなくてはならないということです。
いくら自分が好きな色だからと言って、奇抜な色を外壁に塗るのは避けたほうがいいでしょう。
街並みの景観を損なってしまうからです。
また白色の外壁などは汚れはとても目立ちます。
衣服や靴などもそうですが、白いものは汚れがとても目立ってしまいます。
ですので、落ち着いた、汚れの目立たないような色を選んでいくのがよいと思われます。
ベージュやアイボリー、またグレーなどが選びやすい色ではないでしょうか。
また、艶感の違いによっても色の印象はだいぶ異なってきます。
艶があると光を反射するようなイメージであり、艶が引けていると光を散乱するようなイメージです。
詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒外壁塗装 色見本帳

関連記事