ホスピピュアは乳首だけでなく全身の黒ずみを改善するのに使えるので、顔に塗ってシミを改善することもできます。

そのため、ホスピピュアは肝斑にも効果を発揮します。

ホスピピュアの主成分となるトラネキサム酸は、肝斑の改善に効能がある成分になります。

なぜなら、トラネキサム酸は1979年に肝斑の改善に効果があると伝えられたので、医薬品だけでなく美容品にも使われるようになったからです。

また、トラネキサム酸は肝斑の原因となるプラスミンに抵抗するための抗プラスミン薬としても扱われています。

詳細かホスピピュア 顔のシミに載っています。

そして、ホスピピュアはトラネキサム酸の他にルナホワイトやシアバターといった肌の保湿効果や美肌効果をもたらす成分を含んでいます。

なので、トラネキサム酸を含んだホスピピュアは、他の肝斑対策できる医薬品より美容効果に期待されています。

何より、ホスピピュアはエアレスポンプ式の容器に入っているので、使い続けても中身が酸化しません。

そのため、ホスピピュアは中身がなくなるまで菌の影響を受けない状態で仕様することができます。

エアレスポンプ式は中に空気が入らない仕組みになっているので、ホスピピュアを何回使っても中身に空気が混じりません。

つまり、抗プラスミン薬となるトラネキサム酸を含んでいるホスピピュアは、効果が薄れずに使うことが可能になっています。

ホスピピュアが肝斑対策に使えるのは、ホスピピュアにトラネキサム酸が含まれているからです。

関連記事