“保育補助のパートとして働き始めました。
保育士資格を取って6年経ちましたが、実は保育士資格を取ったものの、子どもの前に立ち、子どもたちをまとめ、子どもたちの前で先生をすることがとても苦手で苦痛です。
できないんです。
実習生時代からそれは変わらず子どもたちをまとめたり子どもたちの前に立つことが苦痛です。
ただ、子どものことは心から可愛く思っているんです。
接している時は楽しいんです。
正直元々人前に立ったりすることがかなり苦手です。

資格を取っても将来は保育補助として、ちょろっと子どもたちと関わりながら雑用等のお手伝い程度で関われるといいなと思っていました。
なので結婚後パートを探した際に、保育補助のパート募集が近所で出ていたので避け続けてきた保育の仕事に足を踏み入れました。
しかし実際働き始めると、最初こそは思っていた通りの補助としての動き方だったのですが4日目辺りより、正社員の先生と同じようなことをできるようになっていって欲しいとのお話を受けました。
ピアノは苦手で弾けないですと面接の際にも話していましたが、改めてそれも伝えると、朝早く来て練習するとか子どもたちの前ですることも、家で鏡の前で練習するとかしたらいいんです。
などと言われました。
パートなのにそこまで要求されてしまうのかと思ってしまいました。

保育士資格を持っていて、保育所で働いているのに、ピアノは弾けない。
子どもたちの前に立ち先生のお仕事もできない。
補助として雇ってもらいましたがこれでは正直保育所にとっては辞めた方が迷惑かけずに済むでしょうか。
私は保育補助とは先生の補助として動き雑用をこなし、少し子どもたちの見守りなどを行うくらいだと思っていたのでがっつり正社員の先生たちと同じことをできるように要求され困っています。
しかし、現状パートだろうが1人でも抜けると大変困る状況なのは、入って間もない自分にも充分分かりますので辞めるというのも大変言いづらいなと悩んでいます。

園によって、正社員同様の動き方を要求される所、雑用ばかり要求される所と分かれるのは分かっていたので面接の際にも質問したのですが、面接官の人事の人は実際そこの園長に聞くのが一番早い!と言われそのままもう採用ですので当日現地へ行ってくださいといった状況で事前に確認できませんでした。
色々と支離滅裂な文で申し訳ないです。

とりあえず
・正社員同様のお仕事は私には本当に向いていないので要求されるのは大変困ってしまうこと
・1人でも抜けると園が大変なことになること
・保育士ができないのなら辞めてしまうべきか
・思っているような雑用が主なところを探し直すべきなのか
・頑張るべきなのか…
色々悩んでしまいしんどいです。
補足・20代の女性に回答受付中となってしまっていますが間違いなのでみなさんどうぞご回答よろしくお願いします。”

保育士さんのお仕事探し方法を紹介したサイトがこちら⇒ハローワーク 保育士 求人

転職することで、何を得ようとしているのかをはっきりさせることが不可欠です。
簡単に言うと、「何を目論んで転職活動に精を出すのか?」ということなのです。

30代の方にお勧めしたい転職サイトをランキング形式で紹介させて頂きます。
ここ数年の転職事情を見ると、俗に言う35歳限界説もないに等しいですし、30代後半になってからの転職も不利になることはないと言えそうです。

転職エージェントの質については決して均一ではなく、雑な転職エージェントに委任してしまうと、あなたのキャリアや能力には合っていなくても、無理やり入社するように迫ってくる可能性もあるのです。

転職したいのだけど一歩を踏み出せないという要因として、「そこそこの給料がもらえる企業で働けているから」といった事があります。
そのような方は、はっきり言って転職しない方がよいと言明できます。

「職務が好きになれない」、「職場の雰囲気を好きになる事ができない」、「他の能力も身に付けたい」という理由で転職したいと考えても、上司に向けて退職したいと告げるのはどうも躊躇いがちです。

看護師の転職市場ということから申しますと、殊更歓迎される年齢は30歳~35歳なのです。
キャリア的に即戦力であり、巧みに現場も管理することができる人が求められていることが窺えます。

新しい転職サイトということで、案件の数は少なくなってしまいますが、コンサルタントが非常に有能なので、他の企業が管理・運営している転職サイトと比較しても、あなたの望み通りの案件が見つかることでしょう。

今の時代、様々な「女性の転職サイト」があります。
ご自身に丁度いいサイトを選択して、希望通りの労働条件の会社を見つけてください。

このウェブサイトでは、満足いく転職をした40~50歳の方にお願いして、転職サイトの用い方のアンケート調査を行なって、その結果に基づいて転職サイトをランキング順に列挙しております。

転職サイトを前もって比較・取捨選択した上で会員登録をするようにすれば、100パーセント順風満帆に進むなどということはなく、転職サイトへの登録後に、任せられる人に担当者になってもらうことが必要不可欠になります。

転職エージェントは料金不要で使うことができるのみならず、些細な事でもフォローしてくれる素晴らしい存在な訳ですが、良い部分と悪い部分を明確に認識した上で使うことが大切です。

男性と女性間の格差が縮小してきたのは間違いないですが、まだまだ女性の転職はハードルが高いというのが真実なのです。
ですが、女性特有のやり方で転職を果たした方もたくさんいます。

転職サイトを効果的に利用して、1ヶ月と経たず転職活動を終えた私が、転職サイトの決め方と使用方法、更に推奨可能な転職サイトを教示いたします。

結局のところ転職活動というのは、やる気がみなぎっている時に短期決戦で臨む事が大事です。
その理由はと申しますと、長期化することになると「転職しなくていいのでは」などと考えてしまうからなのです。

現代の就職活動につきましては、ネットの利用が外せないとも言われており、いわゆる「ネット就活」が珍しくなくなってきたのです。
ですけど、ネット就活にも多かれ少なかれ問題があると指摘されています。

関連記事